漢方薬の一つである抑肝散【様々な症状に効果的で便利】

認知症患者への医学的対処

薬

漢方薬を使った治療

近年高齢化社会に伴って認知症対策が急務となってきていますが、その中でも抑肝散と呼ばれている漢方薬が一定の成果を上げています。なぜ漢方薬が出てくるのかと疑問に思う人も多いのですが、最近は患者への負担を最小に抑えるために西洋医学以外の方法も模索されているのです。認知症専門外来などに行くと処方されることになり、適量を服用することで効果的かつ低リスクに認知症を治療していくことができます。抑肝散は文字通り肝を抑える薬で、この場合の肝は精神に関する意味合いとなっており、昔から様々な用途で使われてきた薬です。子供の夜泣きや精神症、不眠症などに使われてきましたが、こうした精神安定効果が認知症の症状にとてもマッチしていることがわかってきました。認知症になると物忘れなどが原因でイライラしてしまいがちですが、そういったいわゆる肝の高ぶりと呼ばれる症状を収めてくれるのが抑肝散です。こういった仕組みになっているので、別に脳細胞に画期的な変化を起こすものではないということはよく知っておくようにしましょう。漢方薬はよくわからない薬ということで、なにかすごく特別な効果を発揮するというイメージを持つ人がいますが、処方される理由ははっきりしたものです。精神の安定によるリラックス効果、精神が過敏になって落ち着かないまま生活している人を落ち着かせるという目的があります。なので服用したことであらゆる精神症が回復し、健康になるというわけではなく、あくまで患者をリラックスさせるものだということを理解して使いましょう。抑肝散は漢方薬ではありますが、認知症外来などで処方してもらう際にはしっかりと保険が適用されます。なので高額なコストを支払い続けてしまうのではないかと不安になる必要はないので、気兼ねなく処方してもらうようにしましょう。健康食品として販売されている抑肝散もありますが、認知症への対処というはっきりした目的があるなら医師に処方してもらうべきです。通常の店で販売されている抑肝散は割高の値段となっているので、継続して服用しようとすると驚くほどのコストになってしまいます。ランニングコストという面で見れば明らかに処方されるもののほうが効果も高く、安く済むので認知症と診断されたのであれば必ず処方箋をもらいましょう。病院に行って薬をもらう際、どこの病院を選べばいいのかわかりにくいですが、調べれば認知症外来の有無や抑肝散の処方などはわかります。ネットで安いところや評判のいいところを探す際にもしっかりとそれらをチェックしておくと、土壇場で希望していた薬がもらえないという状況を防げるでしょう。精神に関する薬は体に悪い、刺激が強すぎるというのが一般的ですが、それはあくまで化学物質を用いた薬の場合です。漢方薬は自然由来の成分を用いて配合されているので、服用する際に用法容量を守るようにするとリスクはないといっていいでしょう。認知症は家族の負担をとにかく和らげることがとにかく重要であり、そうしたことにも対処できるのは患者をリラックスさせる抑肝散です。処方された分をしっかり服用していけば、症状は緩和されていき、日々の生活も快適で健康的なものとなるでしょう。